LinuxでChromeリモートデスクトップをいつもどおりの動作に直すシェルスクリプト

公開 2020-07-23 / 最終更新 2021-06-05 04:27
カテゴリー お知らせ

LinuxでChromeリモートデスクトップをいつもどおりの動作に直すシェルスクリプト

を作りました。要するに、LinuxではChromeリモートデスクトップを利用すると、デフォルトで新しく別のワークスペースが生成されてしまい、PC本体で見えている画面とは別の画面になってしまいます。それでは、たとえば出先で自宅のPCにアクセスして作業の続きをする・・・なんてことができなくなってしまう(私は単純にPCのある2階へ行くのが面倒だから使ってたりする)ので、それを修正できます。

※Chrome リモートデスクトップのインストール済みが前提です。

修正方法

①シェルスクリプトをダウンロード

②シェルスクリプトを実行する

ターミナルをダウンロードしたファイルがあるフォルダーで開き、以下のコマンドを実行

chmod 777 ./chrome-remote-desktop-modifier-2.0.sh
./chrome-remote-desktop-modifier-2.0.sh

途中でパスワードが要求されることがあるので、入力してください。

以上。

コメント
コメントする

※ニックネームの変更はCookieを削除することで行えます。(ただし、過去に書き込んだコメントの編集・削除はできなくなります。)

コメント本文

※reCAPTCHAによるボット判定を行っているため、送信に少々時間がかかる場合があります。ご了承ください。

送信しました。

確認

コメントを削除しますか?

返信

返信を入力

arrow_upward