「電波少女と空想庭園」を漢字に起こしてみた

公開 2019-09-08 / 最終更新 2021-05-05 12:07
カテゴリー どうでもいいこと

いつもどおりクソ記事。

なんとなく、ひらがなばかりで目がチカチカするので、cosMo@暴走Pさんの「電波少女と空想庭園」を漢字に起こしてみました。(空白行の入れ方がわからんのでハイフンを入れてあります)


"街は不幸を取り除く 絶望の淵に立つものの

時に条理さえも捻じ曲げながら"▼

-

僕は ついに 知ってしまった

この世界の 裏側に潜む闇のことを▼

僕らの 心を 絆を ばらばらに 引き裂き壊す

"現実" という とても 恐ろしい世界があることを▼

-

そこに住んでる 魔物がある日 侵略を始めたので

"剣"よりも 強い"ペン"で 戦うことにしました▼

そのまま 撲殺するのも 絵面的に アレ過ぎるので

魔法のペンとして 使うことにしました▼

-

魔法のペンで 仲間のイラスト 虚空にささと描けば

次々と 本物の 仲間へと "実体化" しました▼

打算 も 嫉妬 も ゲスな 下心も 足の引っ張り合いも ない

正真正銘の ホンモノの仲間です▼

日々 侵食を続ける "現実" に "妄想" の 力を 見せつけてやる

"ぼくだけのふぁんたじあ"▼

ぼくの かんがえた さいきょうの ぱーてぃーで 返り討ちに してやろうぞ▼

この世界を 壊させやしない▼

-

僕の描いた仲間を紹介するよ▼

(YEAAAAAAAAH!!!)

ドラゴン 野生丸出し熊さん ケルベロス 貴重なカモノハシ アルパカ

その他 大勢 以下略▼

(BOOOOOOOOOO!!!)

少し 描きすぎて ちょっとした 百鬼夜行

もはや パーティーって レベルじゃねぇぞ!

これなら もう 何も 怖くない▼

-

数の暴力 まるで洪水 正義とはそんなものさ

涙 なし には 語れない ドラマ が あったり なかったり▼

ご都合主義 これだから フィクションは やめられないね

あらゆる工程 吹き飛ばして ラスボスにたどり着いた!▼

-

☆ラスボス☆ "君は この世界が"虚構" と 気づいた

共に 現実の 世界に 戻る気は ないかね?" ▼

はい

>いいえ

"いやだね 僕にとってはここがほんとの世界

他人から押し付けられた現実なんて要らない"▼

☆ラスボス☆ "そうか ならば 仕方がない 君n・・・"

"うるさい!これでおしまいだ!! 全軍 突撃!!"▼

☆ラスボス☆ "なに!? ま 待てっ ぐわあああああああ!"▼

-

こうして 世界は あっという間に 平和を 取り戻した

いいじゃない 音楽だし あまり長いと 嫌われちゃうし▼

不条理 ばかり 投げる "現実" を 倒した 今

新しい プロローグが エンドロールを 食い破った▼

-

望めば 神様に だってなれる 頭の 中から 万物 描き出せ▼

"ぼくだけのふぁんたじあ"

僕の 紡ぐ 物語 脅かすなら 返り討ちに してやろうぞ▼

"この世界を 守り続けると 決めた!"▼

☆ "やれやれ とんだ 茶番に 付き合ってしまった" ▼


結論

漢字は偉大。

※作詞者が全て平仮名にしたことを否定したい訳ではありません。

コメントする

※コメントシステムの詳細はこちらを御覧ください。

コメント本文

※reCAPTCHAによるボット判定を行っているため、送信に少々時間がかかる場合があります。ご了承ください。

送信しました。

確認

コメントを削除しますか?

返信

返信を入力

arrow_upward